天気予報

31

25

みん経トピックス

星航空ムンバイ便増便へ印で日本企業向けセミナー

ムンバイで「クールジャパン・フェスティバル」 15万人来場で盛況に

ムンバイで「クールジャパン・フェスティバル」 15万人来場で盛況に

コスプレをするムンバイの若者たち

写真を拡大

 ムンバイの高級ショッピングモール「ハイストリート・フェニックス」で2月6日・7日、「クールジャパン・フェスティバル」が開催され、インドの一般消費者15万人が来場した。

クールジャパン・フェスティバル2016写真

 同イベントは、2012年から毎年1回開催されるインド最大級の日本紹介イベント。日本食は昨年も人気を集めたが、今年は秋葉原の精進料理「こまきしょくどう 鎌倉不識庵」が初参加。同店おかみの藤井小牧さんは「ジャガイモとノリを油で揚げて照り焼きの味付けをした丼ものが一番人気だった。予想よりもはるかに多くのお客さんが興味を持ってくださり、仕込みが間に合わなかった」と話す。東京都八王子市のネパールカレー「奈央屋」、インドに拠点を置く「Sushi and more」なども出店し、食関連の販売売り上げは約65万ルピー(=111万円)に上った。

 会場に併設されたステージでは、サンズエンタテインメントの松井絵里奈さんと、ミス・ワールド2015日本代表の中川知香さんが登場し、地元の人々の注目を集めた。そのほか、在印日本人ダンスチームによるボリウッドダンス、剣道、ムンバイ日本人学校のパフォーマンス、デリー和太鼓会の演奏、空手の演武、インド人アニメファンによるコスプレショーなどが行われ、会場は中流、富裕層や、アニメファンの若者を中心に盛り上がりを見せた。

 主催のラ・ディッタ代表、小里博栄さんは「今年のイベントは過去の開催を振り返っても特に盛り上がった。5年続けてきたことによって、協力してくださるスポンサーの方々や、地元の人々との関係が構築されてきたように思う。より多くの人に日本の魅力を伝えられるよう、来年以降も力を入れていきたい」と意気込みを語った。

グローバルフォトニュース