天気予報

28

26

みん経トピックス

ムンバイで騒音緩和策ムンバイにお茶の専門店

インドへの外国人観光客数増加 日本人来印数9位へランクイン

インドへの外国人観光客数増加 日本人来印数9位へランクイン

ムンバイのイベントへ参加した外国人観光客

写真を拡大

 インド観光省は、今年1~4月のインドへの外国人観光客の数が昨年に比べて2.4%上昇したと発表した。今年4月の外国人観光客数は54万人で、2014年4月の53万人、2013年4月45万人と、年々上昇傾向にある。

 最も来印の多かった国はバングラデシュで、全体の15.6%を占める。続いて、アメリカ合衆国、イギリス、スリランカが上位にランクインし、日本は全体の2.9%を占め、9位にランクインした。海外からの発着空港として最も多く利用されたのはデリー空港で全体の30.3%を占め、続いてムンバイが17.9%を占め2位にランクイン。外国為替収入はドル建てで昨年の4月の同月比5.2%増となった。

 発着空港2位となったムンバイは、商業都市として広く知られているが、インド旅行者のハブ空港としても利用されている。デリーなどの北部観光地から、インドを代表するリゾート地ゴアや、南部のケーララへ移動する際にムンバイに立ち寄る外国人観光客が見られる。マハラーシュトラ州政府もムンバイの衛生や治安維持を中心に観光業へ引き続き注力して行く方針で、日本人を含め外国人観光客の増加が期待される。

グローバルフォトニュース