天気予報

28

26

みん経トピックス

スラムで個人トイレ建設へムンバイ空港がアワード受賞

ムンバイのモールにナムコ・アミューズメント施設 インド初進出

ムンバイのモールにナムコ・アミューズメント施設 インド初進出

アミューズメント施設の様子

写真を拡大

 バンダイナムコは10月、インドで初となる日系企業のアミューズメント施設をオープンする。

 インド1号店は、ムンバイのゴレガオンにあるオベロイモール内に出店予定。日本人が多く暮らしているポワイ地区からも近く、大きく清潔なモール内にはインド人や日本人以外にも多くの外国人が買い物に訪れる場所となっている。

 アミューズメントパークはオベロイモール3階フードコートの隣、859平方メートルの敷地にオープンする。広くて明るいパーク内には60台の最新ゲーム機やさまざまな遊具が並び、0歳~3歳未満の幼児専用エリア、3歳~10歳未満が遊べるエリアをそれぞれ用意する。日系企業ならではの安全性とクオリティーを保つことで、家族で安心して遊べる環境を整えるという。

 導入するゲーム機はレースゲームからシューティングゲームなど。インド国内で同施設にしかない機種も用意し、大人の客にも対応する。ゲーム機の多くはリデンプション式となっており、ゲームを通じてチケットをためることができる。ためたチケットはパーク内で景品に変えることができ、大きな魅力の一つとなる。

 現地法人バンダイナムコインディア日本人駐在員の八木さんは「明るく楽しく安全に遊べるアミューズメント施設をインドで実現し、たくさんのお客さまに愛される店作りを目指していきたい」と話す。

 営業時間は11時~23時30分。

グローバルフォトニュース