天気予報

28

26

みん経トピックス

ムン経1位はクールジャパン無印良品、インド初出店

ムンバイで高級分譲アパート「トランプ・タワー」の建設進む

ムンバイで高級分譲アパート「トランプ・タワー」の建設進む

トランプ・タワー完成予想図

写真を拡大

 ムンバイ南部の新興地区ウォルリで現在、米国の「不動産王」として知られるドナルド・トランプ氏の名を冠した高級分譲アパート「トランプ・タワー」の建設が進んでいる。

 トランプ・タワー建設は、インドの不動産開発企業大手「Lodha(ロドハ)」グループが進める「The Park(ザ・パーク)」プロジェクトの一環。

 「都会の公園」をイメージした大型商業施設をはじめ、エンターテインメント施設、高級住宅を主軸とする同プロジェクト。7万820平方メートルの敷地に緑地エリアと丘陵地を作り、トランプ・タワーも同地に建設する予定。

 ロドハ・グループ広報によると、トランプ・タワーは高さ268メートル、一室にベッドルーム3~4室を備える、インド初の本格的高級分譲アパートを目指す。1室当たりの販売価格は6億 ~10.8億ルピー(約約9億円~16.5億円)を想定する。

 トランププラザ敷地内には、屋外テニスコート、屋内スカッシュコート、バトミントンコート、24時間対応フィットネスジム、エアロビックルーム、ダンススタジオ、ウオーキング&ジョギング用トラック、サイクリング用トラック、スイミングプール、レクリエーションプール、キッズクラブ、キッズプレイエリア、図書館、ビジネスセンター、クラブハウス、バーラウンジ、コーヒーラウンジ、カフェテリアなども設置するという。

 完工は2018年12月を予定する。

グローバルフォトニュース